体のこと

STEP1 洗浄料の選び方のポイント
油分は残留しやすい 添加物 お肌は弱酸性 多糖類
皮膚の排泄の妨げに
時間とともに有害な過酸化脂質に。
肌に負担。 弱酸性の洗浄料なら肌にやさしい。 角質層の修復作用があるといわれている。
洗浄を助ける。
↓ ↓ ↓ ↓
ノンオイル 無添加 弱酸性 多糖類配合

STEP2 洗い方のポイント

よく泡立てる

↓

強くこすらず、なで洗いたっぷりの泡が汚れをつつみこんで落とす

↓

洗浄料が残らないようによくすすぐ

皮膚のしくみ

イメージ

きちんと洗うことによって汚れや余分な脂がとりのぞかれます。
そして皮膚の排泄がスムーズに営まれ、健康な素肌が保てます。